住育リフォーム

住育リフォームって?

子ども達の心身の成長を育むためのリフォーム

エコスタイルでは、お子様達の健やかな心身の成長を考え、またその工夫を住まいに採り入れた
「住育」という考えを推進しています。

お子様の成長には、日頃の環境、一番身近な所で言えば住まいの環境が影響します。
健康で健全に、明るく元気な子に育てる為に、ご両親が周りの環境を整えてあげることも大事な役割です。
そこで我々、小林住宅グループは「住育リフォーム」をご提案しております。

住育で明るく元気な子を育てるために

お子様を明るく元気な子に育てる為、求められるのは、心から一つになれる空間づくり。
自然とコミュニケーションが増え、家族みんなが笑いあいながら生活できる事が大切です。

そんな「住育リフォーム」を成功させるためのポイントを紹介します。

家族のコミュニケーション

家族みんながコミュニケーションを取れる事。
お子様は「いつも見守られている」と実感し、安心を感じられます。
また、ご家族でのちょっとした会話やふれ合いのなかで、お子様の心のゆとりが育まれます。

探究心・独立心の育成

それは、お子様が見るもの、ふれるものが多ければ多いほど広がります。住育リフォームでは、お子様が閉じられた空間に引きこもることを防ぎ、多目的に使える開放的な空間を用意することで、お子様の自由な発想を尊重して探究心や独立心を育みます。

安心のセキュリティー

もしもの事故や防犯を考えた間取りや、家族が安心して暮らせる確かなセキュリティーを導入することで、さまざまな危険からお子様を守り、家族みんなが心も身体ものびのびと暮らせる環境をご提供します。

ご提案例

対面式キッチン

もしもの事故や防犯を考えた間取りや、家族が安心して暮らせる確かなセキュリティーを導入することで、さまざまな危険からお子様を守り、家族みんなが心も身体ものびのびと暮らせる環境をご提供します。

孤立しない間取りを作る

自然に家族が集まる間取りへ
子ども部屋があると、どうしても部屋に引きこもってしまうお子様もいるものです。
ゲームなど、一人遊びに夢中になるのもわかりますが、家族とのふれあいは大切にしたいですよね。
そんな場合は、間取りを変更することで、ごく自然に「引きこもりにくい」住まいにできます。

寝るだけの子供部屋

子供の生活がそこで完結してしまう「プライバシー」を守る子供部屋を作る事は、家族のつながりを希薄にしていきます。
それは、子供がそこで孤立してしまうのと同じことなのです。
おもちゃや本、ゲームなどの遊び道具も家族みんなで過ごす空間へ
そこで遊び、育つ、そんな空間を考えましょう。

吹き抜けや廊下はつくらない

家族の距離を縮める

おかえりや、ただいま。すぐに顔を出して迎えられる空間。
帰ってきたらすぐ家族の顔が見れる空間。
玄関を開けたらすぐに安心できる、それだけでとても素敵なお家になります。
吹き抜けや廊下は出来る限り無くしましょう。

多目的空間

お子様だけでなく、
家族全員が楽しめる多目的空間へ
部分的に不要な壁を取り広いスペースを設け、
円滑なコミュニケーションが取れる空間を作ります

色々な「壁」のできないオープン空間

家族団らん、憩いの場はリビング以外も。
弊社は、いつでもどこでも、家族が一緒に活動できる空間作りをご提案しています。
例えば、壁の少ない空間作りや、家族で使えるライブラリーの設置親子で読書ができ、遊べる広さを確保し、キッチンからも様子が見える間取りをご提案します。

オープンな空間

リビング・キッチン・ファミリーライブラリーなどは、できるだけ壁の少ない広い空間にする。

ガラス戸の導入

建具をガラス戸にし、キッチンからお子様の様子が見えるようにする。

ファミリーライブラリー

家族で使え、お子様の成長に合わせて勉強部屋やプレイルームにできる部屋の設置

Facebookページ

エコスタイル広報

リンク

PAGE TOP