羊毛の断熱材 サーモウール

サーモウールって?


厳選された良質のウールから作られた羊毛断熱材「サーモウール」。
保温性とともに調湿性に優れたウールの力により、
冬の暖かさは勿論、高温多湿の日本の夏にも快適な住まいを提供します。

サーモウールの特徴

確かな断熱性能

繊維中にたくさんの空気を包括し、
水分を結合水として細胞内に取り込む「サーモウール」は、
表面が濡れることなく、データ以上の暖かさを提供します。

窓やドアなどの開口部周辺の隙間に充填することで、ヒートロスを防ぎます。

熱伝導率:0.0374(Kcal/m・h・℃)※建材試験センター

高い調湿性能

サーモウール」は”周囲の湿度を50%前後に保ち”壁内結露を防ぎます。
湿度の高い時には吸湿し、低い時には放湿して、建物全体の空気を快適湿度に保ちます。

カビやダニの発生を抑え、住む人の健康を守ります。
湿度の高い日本の気候に適した調湿能力に優れた断熱材です。

優れたVOC吸着能力

「サーモウール」は高濃度ホルムアルデヒドをわずか1時間で、
ほぼ100%吸着することが、国内の実験機関で実証されています。
またホルムアルデヒドばかりでなく、新建材や合板、
接着剤などから発散されるVOC(揮発性有機化合物)全般を吸着します。
さらに一度吸着された汚染物質は高温で熱しても、燃やしても二度と放出されることはありません。

安全確実な防虫処理

「サーモウール」の防虫処理には人体にも環境にも無害で優しい防虫剤「ラーバニル」を使用しています。

「ラーバニル」の特徴は長い残効性、虫の中に生まれる防虫剤に対する、
耐性を包み込んでしまう酵素を持つこと。
0.25%に希釈し、繊維状態の羊毛一本一本に処理を施すため、安全で確実な効果が期待できます。

地球に優しい天然素材

羊毛は年2回採取される、枯渇とは無縁の再生し続ける資源です。
羊毛が多く利用されることは草原を守ること、地球の生態系を守ることにつながります。
 また羊毛は微生物により分解され土にもどります。
「サーモウール」は梱包材も含め、燃えるごみとしての処理が可能です。

消臭効果実験
調湿効果実験

営業日カレンダー

エコスタイル人気記事






エコスタイル広報

リンク







PAGE TOP