20121017132523

物件データ 一戸建てリフォーム 築35年一戸建て 和室床下リフォーム横浜市泉区上飯田町のi様

物件種別一戸建てリフォームのきっかけ築35年の木造住宅一戸建て。畳の上を歩くとぶかぶかして、床が下がるのようになった。住まいを小林住宅にて新築。その後のアフターメンテナンスをエコスタイルに毎回頼んでいた。住まいを誰よりもわかっているので安心してお願いが出来た。
築年数築35年木造軸組ご要望歩くとぶかぶかして下がる和室の畳を直してほしい
工事費用約25万円 税別ビフォーアフター

 和室床下地交換

お客様の感想

畳の上を歩いてもぶかぶかしなくなって良かった。床を剥がした床下が思っていた以上に傷んでいなかったので、出費がなく安心した。

担当者よりひとこと

既存の床下地材は合板ベニヤ。35年前に流行りだした建材。施工性と価格はいいのですが、耐久性と防水性が無く、年数を経つと自然と傷んでしまう材料です。

今回も築年数がかさみ、ベニヤの強度がなくなり、ぶかぶかの状態になっていました。

張替の際のポイントは、材料を無垢の杉下地材に。無垢材は呼吸するため。床下の湿気を吸放出します。結果、からっとした床下になります。



納得リフォームについての無料相談はこちらから